平成27年度 議会報告会で自転車安全利用条例の説明を行う
2015.05.29

 松江市議会としての議会報告会が城西公民館で開催され、議員の一人として出席しました。今年度の議会報告会は、議員全員が5班に分かれ、公民館ブロックの5箇所で開催しています。

 今回は、議会から平成27年度当初予算の概要と松江市自転車安全利用条例について報告し、その後、意見交換を実施しました。今回は、役割分担により、自転車安全利用条例を説明することとなりました。会場には、地域の方や学生など約50名が参加し、様々な意見が提言されました。質問だけでなく、議会としても参考となる意見が多くあり、大変有意義な議会報告会となりました。

島根経営品質研究会の総会と企業見学に参加
2015.05.26
 島根経営品質研究会の第9期総会と企業見学に参加し、ものづくり産業における経営品質の取り組みなどについて研修しました。経営品質の取り組みとして、お客様にとって価値のある企業となることに加えて、従業員にとっても満足感のある企業となること。更に、「感謝」をキーワードに、従業員家族や地域にとっても魅力ある企業を目指していました。
行政・事業者・地域住民で支える地域公共交通について学ぶ
2015.05.20

 島根県交通運輸産業労働組合協議会が主催する「地域公共交通の実態視察」に参加し、豊岡市(兵庫県)のバス交通体系について学びました。

 豊岡市では、平成19年9月に、民間事業者が、路線バスの約半数を休止(26路線のうち11路線)を表明するという事態になり、行政として、通院や買い物など日常生活に必要な公共交通サービスを確保することが求められました。バス交通の種類を4つに見直し、地域の需要や特性に応じた運行の効率化を図り、継続的に事業の評価と見直しを行うこととしています。地域住民は、公共交通の持続可能性を高めるため、利用を促進します。こうした取り組みにより、市からの補助金を削減していました。

 また、民間事業者としても、高校への通学が主な利用者で、マイカー送迎の増加により利用者が減少した路線について、利用者へのアンケートを基に、運行計画を見直すとともに、社会実験として運賃の上限を大幅に引き下げ、マイカー送迎との経費比較を明確にして、利用を促進する取り組みを行っていました。

 松江市では、拠点連携型の都市形成を目指しており、市内中心部と各拠点をつなぐ公共交通の確保が求められていますので、今回の視察は、大変参考になりました。

組織内地方議員が一堂に会し、電力関連産業を取り巻く諸情勢や政策課題の共通化を図る
2015.05.15

 全国電力関連産業労働組合総連合が主催する「組織内議員団会議」が開催され、参加しました。

 本会議は、今回で5回目の開催となりますが、冒頭、岸本電力総連会長から、電力関連産業を取り巻く諸情勢と今後の課題について報告がありました。続いて、野田佳彦第95代内閣総理大臣を講師に迎え「民主党の歩む方向と党勢回復に向けて」と題して講演がありました。党勢回復について、自民党と対峙する政党として「アベノミクスの評価、経済に対する立ち位置の違いを明確にし、冷静な現実主義に則った外交・安全保障政策を主張していくこと」などが、与党を経験した責任ある野党第一党としての責務・役割であると提起されました。

 最後に、組織内国会議員である浜野よしふみ参議院議員から、国政報告と来夏の「第24回参議院通常選挙」における組織内議員・小林正夫参議院議員の再選の必要性を力強く要請し、全体の会議を終了しました。

5月臨時会が開催され、任期後半の2年間がスタート
2015.05.13

 今臨時会では、議長・副議長から辞表が提出され、後任の議長・副議長を選挙により選出するとともに、各常任委員会および特別委員会の委員を選出しました。

 新井議員は、引き続き、常任委員会として「教育民政委員会」、特別委員会として「島根原子力発電対策特別委員会」「議会広報等特別委員会」の3つの委員会に所属することとなりました。みなさんのご期待に沿えるよう、発言していきたいと思います。

新井まさただ後援会報(NO.8)を発行
2015.04.23

 会報第8号を発行しました。是非、ご一読いただき、皆さんのご意見・ご要望をお聞かせください。

 今回は、2月定例会(2/25~3/25)で行った次の3点の質問内容(一問一答)を掲載しています。

 ○企業の地方移転促進による地方活性化について

 ○空き家・空き地の有効利用による中心市街地の再生について

 ○統一的な基準による地方公会計制度の導入に向けた対応について

 ※詳細は、「新井まさただ後援会報 No.8」をご参照ください。

「まつえ市議会だより」No.23の編集(2回目)を行う
2015.04.14
 第24回議会広報等特別委員会が開催され、委員として出席しました。

 今回の委員会では、「まつえ市議会だよりNo.23」の2回目の編集を行いました。今回は、表紙を担当しており、鹿島町を題材にしました。6月の市報と一緒に配布される予定になっていますので、是非、ご一読ください。

 また、今号では、2月定例会での17名の議員の一般質問とともに、平成27年度当初予算の審査の内容が市民の皆さんに分かりやすく伝えられるよう、委員全員で検討しました。

カゴメの農事業について学ぶ
2015.04.13

 松江市が開催した「スマートアグリ研修会」に出席し、国内で先進的にオランダのスマートアグリの手法を導入し、成果を上げているカゴメ株式会社の取り組みについて講演がありました。

 主にトマトの生産方法について、オランダの栽培技術を導入し、植物工場といわれる土を使わないハイテク温室で1年間安定的に収穫できるよう様々な工夫を行っているが、日本では、まだまだ課題が多いということでした。松江市では、今年度、スマートアグリの先進地・オランダの視察が予定されており、成果が求められています。

「まつえ市議会だより」No.23の編集(1回目)を行う
2015.03.27
 第23回議会広報等特別委員会が開催され、委員として出席しました。

 今回の委員会では、「まつえ市議会だよりNo.23」の編集を行いました。今回は、表紙を担当しています。鹿島町を題材に、組み写真を用意することになりますが、発行が6月1日の予定であり、季節のキャップを感じてしまいます。

 また、今議会では、17名の議員が一般質問を行いました。市長が示した施政方針および地方創生、市町村合併の総括、公共施設適正化に対する質疑および平成27年度当初予算の審議の内容が、市民の皆さんに分かりやすく伝えられるよう、委員全員で検討しました。

航空自衛隊美保基地における陸上自衛隊輸送ヘリコプターの配備について意見を述べる
2015.03.25

 本日(25日)、全員協議会が開催され、航空自衛隊美保基地における陸上自衛隊輸送ヘリコプター(CH-47)の配備について、県知事から松江市に対して意見照会があり、各会派から意見を述べました。

 友愛クラブとしては、大型ヘリコプターの配備は、大規模災害時等に役立ち、市民の安心・安全の向上に役立つことから「賛成」するが、安全運航に万全を期し、地域住民の安全を確保するとともに、地域住民からの要望に対して、真摯に対応することを要望しました。

 本日の各会派からの意見を踏まえて、松江市から島根県に対して正式に回答することとなります。

<<前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  次のページ>>
新井まさただ後援会報
プロフィール
理念政策
活動報告
新井まさただfacebook
関連リンク
松江市
松江市議会